【不動産コラム】38年ぶりの民法改正~賃貸借契約はいつからどう変わるの?Vol.6(全6回)


38年ぶりの民法改正 

賃貸借契約はいつからどう変わるの?Vol.6(全6回)

賃貸借契約の存続期間に関するルール

(2020年4月1日から施行予定)

現行民法では賃貸借存続期間は

20年を超えることはできないと定められている。

この場合、一般的な賃貸住宅などの契約では

あまり問題ではなかったが、

ゴルフ場や再生開発エネルギー発電所などの

長期プロジェクトの事業用地の賃貸借契約上は

不便であったという。

民法では、賃貸借の存続期間が最大50年になる。

長期プロジェクトの事業用地における

ニーズの高まりに合わせての改正とのこと。

※詳しくは法務省のホームページをご確認ください。

#不動産相談 #民法改正 #不動産コラム

©2018 Sezonhouse Co.,Ltd.

〒337-0051 埼玉県さいたま市見沼区東大宮5丁目10-10​TEL: 048-680-3377   FAX: 048-680-3378

​コーポレートサイト

リースバック専用サイト

売買・賃貸・物件情報サイト

不動産買取・売却専用サイト