【相続】もらいたくない不動産が増加!!


~もらいたくない不動産が増加!!~

子供達が親の不動産に何の魅力も感じていない場合、

相続人は大変苦労します。

例1)老朽化した収益不動産は、

維持や修繕に対するキッチリした計画が必要です。

又、入居者の管理には経験豊富な管理業者との連携も必要です。

例2)遠隔地にある不動産は早めに売却等しておく方が、

相続人に負担をかけません。特に古い家屋や、農地がある場合には、

相続を受けても処分に苦労します。

被相続人には思い入れのある不動産でも、

もらう人には、負の資産となる場合があります。

日頃よりどう考えているか、話し合うべきです。

#不動産相談 #不動産コラム #相続

©2018 Sezonhouse Co.,Ltd.

〒337-0051 埼玉県さいたま市見沼区東大宮5丁目10-10​TEL: 048-680-3377   FAX: 048-680-3378

​コーポレートサイト

リースバック専用サイト

売買・賃貸・物件情報サイト

不動産買取・売却専用サイト