【相続】自筆証書遺言の方式が緩和されます


~自筆証書遺言の方式が緩和されます~

①「財産目録」についてはパソコンで作成することが認められました、

2019年1月13日から施行。

全文を自筆で書く必要がなくなり、

一部をパソコンで作成することや、

不動産の登記事項証明書、

預貯金口座の通帳のコピーでも

認められるようになり、利用しやすくなりました。

遺言書の作成だけでなく、相続人に納得させる事も、

被相続人の大切な心得です。

②法務局が遺言書を保管する新制度も開始、

2020年7月10日から施行。

法務局が自筆証書の遺言書を保管。

家庭裁判所による遺言書の検認が不要になります。

遺言者はいつでも出頭して閲覧したり、

撤回したりできます。

相続人等が遺言者の死亡後、遺言書の証明書を請求したり、

原本の閲覧請求をすることができます。

#不動産相談 #不動産コラム #相続

©2018 Sezonhouse Co.,Ltd.

〒337-0051 埼玉県さいたま市見沼区東大宮5丁目10-10​TEL: 048-680-3377   FAX: 048-680-3378

​コーポレートサイト

リースバック専用サイト

売買・賃貸・物件情報サイト

不動産買取・売却専用サイト