【不動産投資】ワンルームマンションとファミリーマンション、どちらが良い物件か


~ワンルームマンションとファミリーマンション、どちらが良い物件か~

ワンルームタイプマンション(以下1Rと表記)と

ファミリータイプマンション(以下ファミリー向けと表記)、

購入するならどちらが良いかを一度は考えられることでしょう。

基本的には1Rの方が利回りは良い傾向があります。

例えば1Rの広さを20㎡、賃料5万円/月額と仮定し、

ファミリー向けを60㎡(2LDK)とすると、

広さは3倍になりますが、賃料も3倍の15万円/月額とはならず、

おおよそ10万円/月額くらいになります。

一方で売買相場は極端に面積過大や過少でない限り、

坪単価で計算出来るため、ファミリー向けは

それなりに大きい価格になります。

例えば前記の物件エリアが坪単価100万円だとすると、

1R20㎡(6.05坪)が605万円の売買価格になります。

それに対して、ファミリー向け60㎡(18.15坪)は、

1,815万円になります。

賃料と合わせまして表面利回りが、1Rの場合9.9%に対し

ファミリー向けは6.6%になります。

以上のことから収益性と売買価格の観点で

1Rを選ぶ方は多いです。

しかし、1Rは近年の相続税対策による建設ラッシュにより

供給過多の傾向があります。

とりわけ築古や狭い、利便性が悪い、などの欠点があると、

決まりにくくなってきています。

また転勤等による退去が多く回転が速いため、

リフォームの出費頻度の高さ、

管理会社とのやり取りの多さ等、手間もかかります。

ファミリー向けは、お子様の子育て環境等を理由に

ある程度、定住志向の方が多いため、

入居年数が長いという特徴があります。

また1Rに比べると供給が少ないため、

需要も多くなっています。

このように一度入居が決まれば長く、

また入居が決まりやすいということで

空室リスクが比較的少なく安定的に

収益を維持できるメリットがあります。

ここまでの内容から考えますと、一概にどちらが良いとは言えませんが、

大切なことはその物件エリアの需要に合っているか、ということです。

間取り、建物維持状況、設備、駐車場&駐輪場etc…、

様々な観点からの需要、物件の状態、今後の可能性(ポテンシャル)の見極めを

しっかりと行うことが大切です。

#不動産相談 #不動産コラム #不動産投資

©2018 Sezonhouse Co.,Ltd.

〒337-0051 埼玉県さいたま市見沼区東大宮5丁目10-10​TEL: 048-680-3377   FAX: 048-680-3378

​コーポレートサイト

リースバック専用サイト

売買・賃貸・物件情報サイト

不動産買取・売却専用サイト