• sezonhouse

「自在」を求めて-奥州街道を歩く-その5








 「自在」を求めて-奥州街道を歩く-その5

2020年11月25日


 先回は9月9日白河駅から始発に乗り、昨日の終着地、白坂駅までいったん戻り、朝もやの中のんびりと阿武隈川を渡り、女石追分までの9キロを歩いたところまでで終わった。


 今日は、前回見つけておいた阿武隈川を超えたところにある「信夫屋」にわざわざ前泊して、意欲満々6:40に出発する。


信夫屋旅館で前泊
信夫屋旅館 客室
翌朝6時40分 出発!



 オニューの靴で足が先に行きそう。7:00女石追分。徳川幕府道中奉行管轄の奥州街道はこの追分迄。ここからは、仙台松前道とも呼ばれる。




旧奥州街道と旧会津街道の分岐点


 天気は、はっきりしない小雨だがスピードを重視して隣のセブンで傘を買うのをやめる。郡山まで34.8キロ、歩けるかどうか。


 朝の根田集落で学童と並行して歩いていると、付いていきたくなる。こんな寂しいところでも子供たちが元気に育っているんだ。



朝の根田集落
「小野小町」伝説の残る小野薬師堂



 8:00首切り地蔵、小さな集落 太田川宿の子守桜を過ぎて9:00踏瀬宿。2時間歩いて初めてのコンビニで20分休む。霧雨が続いている。


首切り地蔵
太田川宿の集落
愛宕神社の子守桜



 これからしばらく「五本松」の松並木が街道の両側に見られる。いくつもの史跡案内版が道端に出てくるが、ゆっくり読まないで通り過ぎていく。写真に撮って復習することにする。



五本松の松並木
泉崎村の史跡案内板
矢吹町の史跡案内板


 大和久から中畑新田宿を過ぎたころから、オニューの靴擦れがひどくなる。次の矢吹宿を通るときに靴屋があるかどうか。このまま郡山までとても我慢できない。中断して矢吹駅から帰るか、靴屋が見つかるか果たしてどちらの運命となるか。



中畑新田宿。オニューの靴擦れが限界に
矢吹宿入口。靴屋は見つかるのか・・・


 街道の先の信号に矢吹駅入口の表示が見えてきた。信号を駅に向かい右折した瞬間、スポーツ店の看板が見えたのだ。驚きが先でお店の看板のショットを取らないで、買い替えた靴の写真を撮った。10:40あまり選べないのでまっ黄色の靴で続行することにする。幸運この上なし。まだ15キロしか来てない。



まっ黄色の買い替えた靴!
矢吹町複合施設「KOKOTTO」ココット 


 


 快調に歩いていると、地元のご婦人から「どこまで行くんだ」と声援が来た。嬉しくて思わずツーショット。街道沿いには、旧家が並ぶ。きっと由緒ある名家の方に違いない。



地元のご婦人と



 12:30 鏡石駅入口の中華店で昼食。おいしいが食が進まない。18㌔、@12’30”のペース。4時間歩いている。



鏡石駅入口の中華店で昼食



 13:30 須賀川一里塚通過。街に入ると電信地中化されていて、広い歩道にウルトラマンのモニュメントや彫像が配置されていて、心が休まる街づくり。


須賀川 松明通り